女性のひげはメイクで隠す

女性のひげはメイクで隠す

女性のひげはメイクで隠すことができる間はその方が良いです。
剃る、抜く、永久脱毛など、リスクがまったくない方法がありません。
だから、あなたのひげはまだ大丈夫。メイクで隠すことができるというのでは、女性にとってはそれが一番です。

 

なぜなら、女性のお肌にとって、ひげ処理は苦痛意外の何ものでもないからです。
特に働いている女性なら毎日メイクをしますよね。ちゃんとしている人なら週末も朝からちゃんと顔のお手入れ(ひげも含め)をしてメイクをすると思います。

 

それで十分であれば、あえてひげを剃る必要はないと思いますよ。
今のメイク製品は、シミやシワカバーなどありとあらゆる面で進化していますから、メイク+コンシーラーという方法もあります。

 

でも、マナー違反になるぐらいひげが生えている女性は、お肌のことを気にするより、ちゃんとメイクする前の清潔な肌になって、電気シェーバーで剃ってください。

 

毛が濃くて悩んでいる女性はたくさんいます。特にひげの悩みは多いのではないでしょうか?
ましてやそれが女性だったらとっても嫌なもの。もちろん毛の処理してはいるけど、なんか鼻の下だけ青くておじさんみたい。となっていますか?
青くなるぐらいなら、あなたのひげはとても濃いか、肌色が人より白いのではないでしょうか?

 

でも、ひげを薄くするスキンケアクリームやローションがあるのはご存知ですか?
もし、それで時間をかけて美肌もしながら抑毛もできるのであれば、永久脱毛など考えずに、電器シェーバーで剃る回数を減らしていきましょう。

 

抑毛クリームやローションは多くの種類が販売されるようになりましたが、腕や脚用などもありますので、顔専用のものを選ぶようにしてくださいね。

 

それから、毎日の生活でも、ひげが濃くなった理由の反対のことをします。
つまり、過度のストレスから解放されるべく、環境を変える、考え方を変える、自分ひとりでのんびりできる時間を作る。
友達とお茶しながらしゃべりまくる。女性なら運動以外でも、ストレス発散方法はたくさんあることと思います。

 

それから抜くことに関しては何ら上記に書きませんでしたが、それはやってはいけないことだからです。
毛抜きで一本一本抜くのもダメ。ローラーやパック剤で一気に産毛とひげをまとめて抜いてしまうのも、肌へのダメージは非常に大きいです。

 

もしひげが数週間生えてこないから、抜くのが良いと思っている女性がいれば、お肌のことを考えてやめた方がいいです。
長い時間をかけて刺激のあった肌は色素沈着をして、顔だけが黒っぽく日焼けしたみたいになったり、バリア機能がなくなったり、敏感肌にもなります。
ひげのためなら何でもするけれど、お肌にダメージを与えないような方法を考えましょう!

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?