エステサロンで顔脱毛と美顔を同時に

エステサロンで顔脱毛と美顔を同時に

エステサロンで顔脱毛をすると、美顔メニューや痩身メニューも同時に受けられるというのはご存知でしょうか?

 

なぜなら、エステサロンではフォトフェイシャルで小顔効果があったり、毛穴レスになったりする美容のエステメニューが勢ぞろいしていますので、それと顔脱毛を一緒にすると、エステサロンで顔脱毛と美顔を同時に施術することができるのです。

 

もちろん美顔メニューは無料ではありませんが、どうせ通うなら、顔脱毛だけではなく、他の美しくなれるメニューを施術してもらった方がお得だと思いませんか?
まず押さえておきたいポイントは、“光を照射するフォトフェイシャル”と“レーザーを照射する顔脱毛”には、それぞれに特長や得意分野があるということです。
フォトフェイシャルをすることで、ちょっとした脱毛効果が得られるというのがあるそうなのです。

 

そう聞くと、「顔脱毛ではなくフォトフェイシャルをしたほうが、美肌になり脱毛もできるし痛みも少なそう。一石二鳥じゃない?」と考える方もきっと多いことでしょう。
では実際に、顔脱毛とフォトフェイシャル、どちらを選択するのが良いのでしょうか?
そして美容医療として知名度が高いフォトフェイシャルには、どのくらいの脱毛効果を期待して良いのでしょうか?

 

フォトフェイシャルは、IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を用いた美容医療です。
人は紫外線などの影響から肌を守るために、肌の内側でメラニン色素を生成しますが、肌の代謝(ターンオーバー)が滞ると、メラニン色素がどんどん蓄積されて、シミやくすみといった色素沈着となってお肌に現れてきます。

 

フォトフェイシャルは、IPLと呼ばれる光を肌に照射することで、表皮のシミや肌の奥のほうに溜め込まれたメラニン色素をはじき飛ばし、肌のターンオーバーを活性化します。

 

何度か施術するうちに、シミやくすみ、そしてニキビ跡といった色素沈着を徐々に薄くしていくことができます。

 

また、IPLを照射すると肌の真皮層のコラーゲン生成も促進されるため、ターンオーバーの周期が良くなりますし、毛穴が小さく引き締まったり、肌のキメが整ったりすることで、肌トラブルも改善します。

 

その結果、副次的に毛穴のたるみ、ニキビ、小じわなどが目立たなくなることも期待できます。シミとりレーザーが部分的に治療するのに対してフォトフェイシャルは顔全体のコンディションを良くするイメージです。

 

さて、このフォトフェイシャルで使われるIPL照射と、医療脱毛に使われているレーザー照射の仕組みが似ているのです。
どちらも光の一種であり、その光が作用してメラニン色素にダメージを与えることで、美肌や永久脱毛という効果を得ているのです。

 

でも顔脱毛を!と考えている人はついでに脱毛効果のあるフォトフェイシャルではなく、脱毛+フォトフェイシャルにして美しい肌を手に入れてください。

 

⇒脱毛よりも手軽な顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?